ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > ポイ捨て等の防止・清掃活動 > 清掃活動時の新型コロナ感染防止対策について

更新日:2021年2月2日

ここから本文です。

清掃活動時の新型コロナ感染防止対策について

大分市では、日本一きれいなまちづくりを進めるため「きれいにしょうえおおいた推進事業」や「ごみ拾いパートナー登録制度」を実施しています。新型コロナウイルス感染症が流行する中、市民・団体の皆様が地域清掃活動に安心して活動いただけるよう、地域清掃活動時のポイントを参考にして、地域での感染拡大予防にご協力をお願いします。

地域清掃活動のポイント

  • 清掃日時や場所を分散させ、密集を避ける。
  • 一緒に活動するメンバーと十分な距離を確保する。(2メートル以上)
  • 活動前の体温計測による体調不良者の参加制限やメンバーの連絡先の把握を徹底する。
  • 手袋・マスク等を装着し、長袖・長ズボンを着る。
  • 活動の開始・終了時や休憩時における密集を防止するとともに、対面での飲食や会話を控える。
  • なるべく、トングを使用し、ごみに直接触れない。
  • 手袋やトングなどの物品を共有せず、使用後の消毒を徹底する。
  • ごみ袋の空気を抜き、しっかり縛って封をする。
  • 活動終了後は、うがい・手洗いや手指の消毒を徹底する。
  • 家に帰ったら、できるだけすぐに着替え、シャワーをあびる。
 
※清掃活動時のごみを媒体とした感染を防ぐ為、落ちているマスクやティッシュ等のごみを拾う際は、ごみに直接触れない様にポリ袋等に入れ、しっかりしばって封をしたうえで、ボランティア専用袋に入れて燃やせるごみの日(週後半)のごみステーションに出してください。
 

関連リンク

 

お問い合わせ

環境部ごみ減量推進課 

電話番号:(097)537-5687

ファクス:(097)534-6252

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る