ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 令和3年度発表分 > 4月(令和3年度発表分) > 「第3期大分市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)」を策定しました

ここから本文です。

報道発表資料

「第3期大分市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)」を策定しました

  • 発表日:令和3年4月1日
  • 担当課:環境対策課
  • 担当者:渡辺、繁
  • 電話番号:097-537-5758(内線1518、1517)

「第3期大分市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)」を策定しましたのでお知らせいたします。
本計画は、市域の自然的・社会的条件に応じて温室効果ガスの排出抑制等を行うための施策に関する事項を定めるものであり、市民・事業者・行政のすべての主体が温室効果ガスの排出削減や起こり得る気候変動への適切な対応に積極的に取り組むことで、持続可能な脱炭素社会を実現し、子どもたちに美しい大分を残すことを目的としています。

第3期大分市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)について

(1)本計画の位置づけ

本計画は、「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づく「地方公共団体実行計画」及び、「気候変動適応法」に基づく「地域気候変動適応計画」として位置付けており、市域の自然的・社会的条件に応じて温室効果ガスの排出抑制等を行うための施策に関する事項等を定めています。

(2)計画の期間 

2021年(令和3年度)~2025年度(令和7年度)の5年間

(3)温室効果ガス削減目標(2013年度比)

2025年度(令和7年度)に11.9%削減
2030年度(令和12年度)に14.5%削減
※国の「地球温暖化対策計画」で示された中期目標年度である2030年度(令和12年度)を中期目標年度として設定

(4)2050年二酸化炭素排出実質ゼロ宣言

本市における地球温暖化対策の長期的な取組の考え方として、「2050年二酸化炭素排出実質ゼロ」を目指し取り組んでいきます。

(5)地球温暖化対策(緩和策)の6つの柱

地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出を抑制するための施策である「緩和策」として6つの柱を掲げ、市民・事業者・行政の取組を推進します。
 
  1. エコライフスタイル・エコビジネススタイルの実現
  2. 4Rの推進による循環型社会の構築
  3. 環境教育、連携体制の充実
  4. 緑に恵まれた環境づくりの推進
  5. 環境にやさしい交通体系・まちづくりの推進
  6. 再生可能エネルギー等の利活用促進

(6)地球温暖化対策(適応策)の3つの柱

すでに起こりつつある、あるいは今後起こり得る温暖化の影響に対して、自然や人間社会の在り方を調整するための施策である「適応策」として、3つの柱を掲げ、市民・事業者・行政の取組を推進します。

  1. 気候変動影響による被害の防止・軽減
  2. 自然環境の保全と地域強靭化
  3. 社会や経済の健全な発展

閲覧場所

環境対策課(本庁舎4階)、情報公開室(本庁舎7階)、各支所、市ホームページでご覧になれます。

ダウンロード

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境対策課 

電話番号:(097)537-5758

ファクス:(097)538-3302

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る