ホーム > 環境・まちづくり > 環境・地球温暖化対策 > 公害対策 > 市民の方向け > 水質(市民の方向け) > 亜鉛含有量に係る暫定排水基準の見直しについて(平成28年12月11日施行)

更新日:2017年1月18日

ここから本文です。

亜鉛含有量に係る暫定排水基準の見直しについて(平成28年12月11日施行)

「排水基準を定める省令等の一部を改正する省令及び水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令の一部を改正する省令」が公布され、亜鉛含有量に係る暫定排水基準の見直しに関する規定が平成28年12月11日に施行されます。内容については以下のとおりです。

1.改正の背景

水生生物の保全の観点から平成15年11月に設定された環境基準の維持・達成を図るため、水質汚濁防止法による亜鉛含有量に係る一般排水基準が平成18年12月11日より強化(5mg/Lから2mg/L)されました。この際、この基準に直ちに対応することが困難な10業種については、5年間の期限で暫定排水基準が設定され、平成23年12月の見直しを経て、さらに5年間の期限で3業種についての暫定排水基準が設定されています。
今般の改正は、暫定排水基準が平成28年12月10日をもって適用期限を迎えることから、期限後に新たに適用される基準について定めるものです。

2.改正内容

亜鉛含有量に係る暫定排水基準が適用されていた3業種について現行の暫定排水基準(5mg/L)の適用期間を延長しました。
適用期間は改正省令施行の日から5年間(平成33年12月10日まで)です。

当該暫定排水基準が適用される3業種

  • (1)金属鉱業
  • (2)電気めっき業
  • (3)下水道業(金属鉱業又は電気めっき業に属する特定事業場から排出されている水を受け入れているものであって、一定の条件(※)に該当するものに限る。)

※一定の条件とは、次の算式により計算された値が2を超えることをいう。
ΣCi・Qi/Q
この式において、Ci、Qi及びQは、それぞれ次の値を表すこととする。

  • Ci・・・当該下水道に水を排出する下水道法上の特定事業場ごとの排出する水の亜鉛含有量の通常の値(mg/L)
  • Qi・・・当該下水道に水を排出する下水道法上の特定事業場ごとの排出する水の通常の量(立方メートル/日)
  • Q・・・当該下水道から排出される排出水の通常の量(立方メートル/日)

3.詳細

詳細については、下記ホームページをご覧ください。
「排水基準を定める省令等の一部を改正する省令及び水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令の一部を改正する省令」の公布について(別ウィンドウで開きます)(平成28年11月15日、環境省)

4.参考

亜鉛含有量の排水基準の見直しについて(別ウィンドウで開きます)(平成18年11月10日、環境省)
「水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令」の公布について(別ウィンドウで開きます)(平成23年10月28日、環境省)

お問い合わせ

環境部環境対策課 

電話番号:(097)537-5622

ファクス:(097)538-3302

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る