ホーム > 子育て・教育 > 保育施設・幼稚園・一時保育等 > 保育施設 > <事業者向け>認可外保育施設が無償化の対象施設となるために

更新日:2019年8月30日

ここから本文です。

<事業者向け>認可外保育施設が無償化の対象施設となるために

お知らせ

今後におきましても、国等より情報提供があり次第、更新いたします。

1.無償化の対象施設になるために必要な手続きについて

令和元年10月1日より予定されている幼児教育・保育の無償化では、以下の手続きを行った認可外保育施設が、対象となります。

なお、企業主導型保育施設については、(2)は不要です。

(1)大分市へ児童福祉法に基づく届出を行っていること

児童福祉法に基づく設置の届出を大分市へ提出する必要があります。

詳しくは、<認可外>保育を目的とする施設の開設をお考えの方への「3.設置後の届出について」をご確認ください。

(2)「特定子ども・子育て支援施設」として、大分市から子ども・子育て支援法に基づく「確認」を受けること

認可外保育施設が特定子ども・子育て支援施設として確認を受けるためには、子ども・子育て支援法施行規則に定める基準(現行の認可外指導監督基準と同様の基準)を満たすことが必要ですが、確認申請を行った結果、子ども・子育て支援法施行規則に定める基準を満たしていなくても、令和元年10月1日から5年間の猶予期間は、無償化の対象となります。

なお、無償化に伴い、保育の質の向上が求められておりますので、猶予期間に関わらず、早期に基準を満たすことができるよう保育の質の向上を図ってください。

2.「確認」を受けるための必要な手続き(確認申請)

認可外保育施設が無償化の対象施設となるためには、「特定子ども・子育て支援施設」として大分市から子ども・子育て支援法に基づく「確認」を受ける必要があります。以下の書類を市に持参し、確認申請を行ってください。

必要な書類

申請後の流れ

確認申請を受理したのち、修正等の必要がない場合に確認通知を行います。

また、無償化の開始に合わせ、確認通知を行った施設を公示するとともに、ホームページ等で施設名や電話番号のほか、認可外保育施設指導監督基準への適合状況について公開する予定です。

3.留意事項

  • 特定子ども・子育て支援施設としての確認を受けた後は、「特定教育・保育施設および特定地域型保育事業の運営に関する基準」を遵守していただく必要があります。
  • 無償化の対象である保育料と、入園料、給食費、送迎料などの実費を区分けしていただく必要があります。
  • 無償化にあたって、質の向上を伴わない理由のない保育料の引上げはできません。
  • 必要書類の提出時期によっては、同年10月からの無償化に間に合わない可能性がありますので、市子ども企画課までご連絡ください。

関連リンク

参考

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子どもすこやか部子ども企画課 

電話番号:(097)574-6552

ファクス:(097)536-6268

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る