ホーム > 子育て・教育 > 子育て支援 > ひとり親家庭支援 > 未婚のひとり親家庭に寡婦(夫)控除のみなし適用を行います

更新日:2018年11月1日

ここから本文です。

未婚のひとり親家庭に寡婦(夫)控除のみなし適用を行います

未婚のひとり親家庭は、税法上の寡婦(夫)控除が適用されず、保育料や市営住宅の家賃、私立幼稚園就園奨励費補助金などで、利用者負担額や給付額に他のひとり親家庭との格差が生じている状況があります。これらの格差の是正し、ひとり親家庭を支援することを目的として、生計を同じくする20歳未満の子がいるひとり親へ、寡婦(夫)控除のみなし適用を下記のとおり実施します。

1.対象事業

所得税額や住民税額等によって利用の可否や利用負担額が決まる、15事業(※)を対象とします。

(※)対象事業一覧(ダウンロード)をご参照ください。

2.対象者

所得を計算する年の12月31日および申請日の時点において、次の(1)から(3)のいずれかに該当している方です。

  • (1)婚姻歴がなく、かつ婚姻状態(事実婚を含む)にない母であり、20歳未満の子※と生計を同じくしている。
  • (2)(1)であり、かつ20歳未満の子※を税法上の扶養親族としており、母の合計所得金額が500万円以下である。
  • (3)婚姻歴がなく、かつ婚姻状態(事実婚を含む)にない父であり、20歳未満の子※と生計を同じくしている。また、父の合計所得金額が500万円以下である。

※この場合の子は、総所得金額等が38万円以下であり、他の人の扶養対象配偶者や扶養親族となっていない場合に限ります。

3.実施時期

平成27年4月1日から

4.実施方法

対象者からの申請に基づき、審査および認定を行い、寡婦(夫)控除をみなし適用した上で、利用負担額や給付額などを決定(減免)します。

なお、このみなし適用によって、所得税や住民税等を見直すものではありません。

5.申請手続

大分市寡婦(夫)控除みなし適用申請書をご記入のうえ、それぞれの申請窓口へご提出ください。申請書はそれぞれの申請窓口のほか、各支所、東部・西部保健福祉センターにも準備しています。

申請に必要なもの

  • (1)申請書
  • (2)印鑑
  • (3)未婚の母または父および子の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)※
  • (4)世帯全員分の住民票の写し(省略のないもの)※

※児童扶養手当の受給資格者は(3)、(4)を省略することができます。

ダウンロード

関連リンク

認可保育所等の利用者負担額について未婚のひとり親家庭に寡婦(夫)控除のみなし適用を行います

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子どもすこやか部子ども企画課 

電話番号:(097)574-6516

ファクス:(097)536-6268

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る