ホーム > 健康・福祉・医療 > 健康・保健・衛生 > こころの健康(精神保健) > 職親制度(精神障害者社会適応訓練事業)

更新日:2014年4月16日

ここから本文です。

職親制度(精神障害者社会適応訓練事業)

 精神障がい者が社会適応できるように一定期間、協力事業所に通い、作業を通じて対人能力、仕事に対する持久力、環境への適応力等を養うことを目的としています。期間は原則6か月で3年を限度として更新できます。

  • *この事業は、県が実施主体となっていますが、保健所が相談や申請の窓口となっています。
 職親制度(精神障害者社会適応訓練事業)概要
対象者 就労に意欲のある方で、通院中の精神障がい者。
代理の可否
受付窓口 大分市保健所 保健予防課 精神保健担当班
場所 〒870-8506 大分市荷揚町6番1号
電話番号 097-536-2852
ファクス番号 097-532-3356
受付時間 8時30分~17時15分
費用 無料
提出書類 社会適応訓練申込書
必要なもの(添付書類) 社会適応訓練主治医等意見書を書いてもらってください(無料)。
注意事項 作業時間は、訓練生の回復の程度や、作業への慣れに応じて調整します。

お問い合わせ

福祉保健部保健予防課 

電話番号:(097)536-2852

ファクス:(097)532-3356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る