更新日:2019年4月15日

ここから本文です。

ストレスって何だろう

うつ病や自律神経失調症など、心の病気にかかる人が急増しています。無理もありません。現代人は『一億総ストレス時代』と言われるほどの過酷な時代を生きているのです。人間関係、仕事、育児、お金、子育て、介護・・・ストレスの状態に思いあたらない人はまずいないのではないでしょうか?

ストレスとは・・・?

「ストレス」とは、例えば、ボールに圧力がかかってひずんだような状態のことをいいます。このとき、ストレス状態を引き起こす要因を「ストレッサー」といいます。

ストレスのない状態

ストレスのない状態のボールの図

ストレスのかかった状態

ストレスのかかった状態のボールの図

初期に出やすいサイン

  • 食欲が無くなり食べる量が少なくなる
  • 寝つきが悪くなり、眠りが浅くなり、熟眠時間が少なくなる
  • だるい、疲れが取れない、疲労感などが出てくる
  • 人に会ったり、遊びに行ったりがおっくうになる
  • 集中できない、なんとなく落ち着きがない
  • イライラして怒りっぽくなる
  • 仕事上のミスが多くなる

健康な心を目指そう

ストレス症状を発見したら、早い段階に、自分でコントロールすることが大切です。

  1. 目の前のことは1つずつこなし、他のことは気にしないようにしましょう
  2. アドバイスをもらうより、自分の気持ちが話せる人を持ちましょう
  3. 自分のための時間を作りましょう
  4. 身体をリラックスさせる時間を作りましょう
  5. 生活のリズムを守りましょう
  6. 気持ちの切り替えをしましょう
  7. 自分の体調や心の状態に気づきましょう
  8. 『嫌なことを考えまい』『打ち消そう』とせず、浮かんできたまま放っておく感覚を持ちましょう

お問い合わせ

福祉保健部保健予防課 

電話番号:(097)536-2852

ファクス:(097)532-3356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る