ホーム > 健康・福祉・医療 > 医療 > アイバンク献眼登録にご協力を

更新日:2019年2月8日

ここから本文です。

アイバンク献眼登録にご協力を

全国で目の不自由な人が約40万人います。献眼による角膜の提供で、角膜疾患により眼が不自由な方が、再び視力を回復できる可能性が得られます。それには、提供者のご意思とそのご家族の方によるご連絡が欠かせません。

アイバンクに献眼登録できる方

どなたでも献眼できます。

年齢制限はありません。

近眼や老眼でも角膜は移植に用いることができます。

網膜などの疾患で眼のご不自由な方でも角膜は移植に用いることができます。

※移植を受ける患者さんにり患する可能性のある感染症のある方の場合には、アイバンクの検査の後で移植に用いられない場合もあります。また、眼内の癌や白血病等の方の角膜も移植に用いることはできません。詳細やご不明な点は、アイバンクにお問い合わせください。

 大分県内のアイバンクに献眼登録できる窓口

 公益財団法人 大分県アイバンク協会
〒879-5593

由布市挾間町医大ヶ丘1丁目1番地大分大学医学部眼科学教室内

電話 097-549-1411(直通)

電話 097-549-4411(医大代表)

〈大分県アイバンク協会の支援団体〉

ライオンズ大分県アイ・腎バンク協力会

 

お問い合わせ

福祉保健部保健総務課 

郵便番号870-8506 大分市荷揚町6番1号

電話番号:(097)536-2554

ファクス:(097)532-3105

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る