更新日:2019年7月9日

ここから本文です。

ヒューレおおいた7月特別展

江口いと 人権の詩 パネル展

愛する人を守るために、そしてわが子や未来のある子どもたちに同じ思いをさせないために部落差別と闘い、日本各地で部落差別の解消に向けた講演会をしてきた江口いとさん。96年の生涯において詩や短歌、俳句、川柳と多くの作品を残しています。

さまざまな人々と出会い、不条理な差別と闘いながら、貧しくともわけ合う「博愛の心」や「まことの心」を胸に生きてこられた江口いとさん。人間として、母としての強さと愛情を詩を通して感じていただければ幸いです。

ヒューレおおいた入口

 

 

 

 

 

 

展示の様子1

展示の様子2 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場・展示期間

<会 場>  ヒューレおおいた(人権啓発センター)

J:COMホルトホール大分 1階

<展示期間> 7月3日(水曜日)~29日(月曜日)

午前9時~午後6時 ただし、最終日は午後2時まで

 

お問い合わせ

福祉保健部人権・同和対策課人権啓発センター(ヒューレ おおいた)

電話番号:(097)576-7593

ファクス:(097)544-5708

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る