ホーム > くらし・手続き > 国民健康保険・年金 > 国民健康保険 > 国保の保険税 > 4月から国民健康保険税または後期高齢者医療保険料を年金天引き(特別徴収)で納める対象となられる人へ

更新日:2019年12月1日

ここから本文です。

4月から国民健康保険税または後期高齢者医療保険料を年金天引き(特別徴収)で納める対象となられる人へ

次の条件を全て満たす場合、原則4月から年金天引きを開始します

年金天引きの対象となる世帯主には、1月中旬頃に案内の通知を送付します。また、年金天引きの開始が決定した世帯主には2月中旬頃、「特別徴収開始通知書」を送付します。

国民健康保険税

  1. 世帯主が国民健康保険に加入しており、平成31年4月~令和元年9月に65歳に到達する
  2. 世帯の国民健康保険加入者の年齢が全員65歳~74歳である
  3. 世帯主が年間18万円以上の年金を受給しており、世帯主の介護保険料が年金天引きの対象となっている
  4. 世帯の国民健康保険税と、世帯主の介護保険料の1回の年金天引きの合計額が、世帯主の1回の年金支給額の2分の1以内である

後期高齢者医療保険料

  1. 平成31年4月~令和元年9月に大分市で新たに後期高齢者医療制度の被保険者となった場合
  2. 被保険者が年間18万円以上の年金を受給しており、被保険者の介護保険料が年金天引きの対象となっている
  3. 被保険者の介護保険料と後期高齢者医療保険料の1回の年金天引きの合計額が、1回の年金支給額の2分の1以内である

口座振替への変更

※令和2年1月29日(水曜日)までに窓口へ申し出れば、4月からの年金天引きを中止し、口座振替による支払に変更することができます。

支払方法変更の際に必要な物

  • 案内の通知もしくは保険証等
  • 口座の通帳または口座番号が確認できるもの
  • 通帳印

お問い合わせ

市民部国保年金課 

電話番号:(097)537-5736

ファクス:(097)537-2098

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る