ホーム > くらし・手続き > 消費生活 > 電力小売り全面自由化が始まりました

更新日:2016年5月23日

ここから本文です。

電力小売り全面自由化が始まりました

平成28年4月1日から、電力の小売り全面自由化がはじまりました。
これまでご家庭で使う電気は、各地域の特定の電力会社からしか購入できませんでしたが、今後は既存の電力会社だけでなく、業種を問わずさまざまな事業者から電気を購入でき、ご家庭でも、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。

電気を売る事業者には、契約を結ぶ際、電気料金や解約時の条件などを消費者に十分説明する義務がありますので、契約を結ぶ際は十分に説明を聞いたうえで契約を結ぶようにしましょう。

自由化の範囲

電気の提供には発電事業(電気を作る)、送配電事業(電気を送る)、小売り事業(電気を売る)という3つの事業が関わっています。
今回は、小売り事業が全面自由化されます。
これまで事業者に対する小売り事業は自由化されていたのですが、今後は一般の消費者に対するものも含め、自由化されることになりました。

電気の品質や信頼性

自由化されても電気はこれまでと同じ仕組みで提供されます。
このため、電気の品質や信頼性(たとえば停電のしやすさなど)はどこの小売り電気事業者と契約しても変わりません。

自由化後の手続き

特に手続きをしなくても、引き続き現在契約している電気業者から今までどおり電気が供給されます。

スマートメーターへの交換

制度の開始により、これまでのメーターからスマートメーターへの変更が必要となります。原則、費用はかかりません(消費者側の理由により、工事が必要な場合は別途費用が必要となります。)

このほか、電力小売自由化について詳しく知りたい場合は

電力小売り全面自由化に関連した悪質商法の被害が報告されています。
そうした電話を受けて困ったり疑問に思ったりしたら、気軽に大分市市民活動・消費生活センター(ライフパル)へご相談ください。
(消費生活相談専用電話:097-534-6145)

大分市市民活動・消費生活センター ライフパル
相談日 火曜日~土曜日(祝日を除く)
休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)
時間 午前9時~午後6時(土曜日は午後4時まで)

お問い合わせ

市民部市民協働推進課市民活動・消費生活センター

郵便番号870-0021 大分市府内町3丁目7番39号 (休館日は毎週月曜日。月曜日が祝休日の場合はその翌日)

電話番号:(097)573-3770

ファクス:(097)537-7271

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る