ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 市民の声 > 大分市市民意見公募(パブリックコメント) > 「第2回SNSを活用した市民参加型ミーティング」の実施結果をお知らせします

更新日:2018年4月27日

ここから本文です。

「第2回SNSを活用した市民参加型ミーティング」の実施結果をお知らせします

フェイスブックのグループ機能を使って、市政について自由に意見交換をする「第2回SNSを活用した市民参加型ミーティング」を下記のとおり開催しました。

「地震に備える」という議題について連日討論を重ね、合計で200件を超えるコメントを交わす中、さまざまなご意見をいただくことができました。
全てを紹介することはできませんので、ほんの一部ではありますが、今回のミーティングで提出された意見をお知らせさせていただきます。

メンバーの皆さま、ご協力ありがとうございました。

開催期間

平成28年8月9日~9月9日

参加メンバー

20代~70代の男女13人(会社員、主婦、医師 等)

議題

「地震に備える」~私たちにできること~

主な意見と市の考え方

(主な意見)
住居の耐震化と家族の3ヶ日分の飲料水と必要物(家族で変わります)の確保、そして、通信手段の確保と、避難場所の確認が重要です。必需品の常備場所は倒壊や浸水を想定し、建物の2階に置いてあります。

(市の考え方・対応状況)
地震に対する備えとして、非常持出袋を準備しておくことが重要です。具体的には、各戸配布しています「わが家の防災マニュアル」をご確認ください。また、木造住宅の耐震については、市の補助制度もありますのでご利用ください。

(主な意見)
携帯回線がパンクして使えない状況で、インターネットやSNSなどから情報を収集するのはとても有効と思います。フェイスブックで、県外の友人もいるとその人に連絡をとり、アドバイスを受けることも可能かもしれません。LINEはネット回線を使うので、携帯回線がパンクしても利用できる可能性があります。

(市の考え方・対応状況)
情報を受け取る手段として「大分市防災メール」へのご登録をお願いします。また、大分市公式facebookページ「いいやん!大分」(別ウィンドウで開きます)でも、災害時の情報発信を行うようにしています。日頃から、あらゆる場面を想定し、家族で連絡手段や避難場所などについて話し合っておくことも大切です。

(主な意見)
「共助」の始まりは、小さな単位での「近所づきあい」からなのかなと思います。地域行事として「お祭り」が無くなっている地域は復活をまず検討されてはどうでしょうか。それには、行政からの支援が必要かもしれません。財源や担い手が不足して廃止した地区もあると思われますので。外からのアドバイスで地区の人がやる気になる仕掛けが必要です。

(市の考え方・対応状況)
災害時に一人で避難することが困難な人もいますので、共助の取り組みはとても大切です。市では、避難行動要支援者の名簿を作成し、効果的な避難支援ができるように取り組んでいます。詳しくは「災害時要配慮者の避難支援の手引き」をご確認ください。また、地域のイベント等に対しては、市の補助制度もご利用できます。地域活動のうち優れたものについては、「協働のまちづくり大賞」として市からの表彰も行っていますのでご覧ください。

(主な意見)
普段からの防災意識が大切です。地震の発生メカニズムを正確に認識することや、その備えの現状を知るだけでも大きな違いがあると考えます。(断層地震、プレート境界型地震、火山性地震など)

(市の考え方・対応状況)
お住まいの地域における災害リスクは、市が公開している各種「ハザードマップ」でご確認いただけます。地震が起きた際、自分の居住地域にはどんな危険性があるのかを確認することが、防災意識の向上、備えの充実に繋がります。

(主な意見)
毎回問題になるのが、物資の配給方法だと思います。必要なところに必要なものが速やかにいきわたるようにするにはどうすればよいのか、というのは大きな課題だと思います。物流のプロに委託して迅速、適確に行うことで、被災者や地元公的機関で災害活動を行う人々の負担軽減につながるのではないかと考えています。

(市の考え方・対応状況)
市では、災害時における物資輸送をはじめ、応急復旧、救急医療等において、各種団体や他地方公共団体と応援や協力に関する協定を締結しています。また、災害時にドローンを活用することについても、今後調査・研究していきます。

お問い合わせ

企画部広聴広報課 

電話番号:(097)537-5601

ファクス:(097)532-7800

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る