ホーム > イベントカレンダー > 能楽サロン「狂言ワークショップ」

ここから本文です。

更新日:2020年2月15日

能楽サロン「狂言ワークショップ」

能楽師の先生を囲んで、能にまつわるお話を伺いながら、お稽古の体験ができる「能楽サロン」にて、毎年ご好評を頂いている狂言ワークショップ。

狂言ならではのお話や、所作の体験をしてみませんか?能や狂言を見たことがない方から経験者まで、どなたでもお気軽にご参加いただける体験型講座です。

狂言とは?

狂言は能と同じく室町時代に舞台芸術として確立されました。能は貴族や武家などの教養として受け入れられましたが、狂言は名もなき役人や町人が主人公であり、風刺を交え笑いを誘う物語展開から、民衆に広く受け入れられました。現在では「笑いの芸術」とも言われ親しまれています。

独立した物語である「本狂言(ほんきょうげん)」と、能の曲中に登場し、前半から後半へと場を動かす「間狂言(あいきょうげん)」があります。「和泉流」「大蔵流」の二つの流派があります。

開催日時

  • 2020年3月22日(日曜日)

午後1時~3時

場所

平和市民公園能楽堂

対象

小学生以上
※小学3年生以下は保護者同伴

定員

30人(先着)

参加費

1,800円
(小学生、中学生は550円)

募集期間

1月23日(木曜日)午前10時~3月3日(火曜日)午後5時

申込方法

住所・氏名・電話番号・参加人数を電話・ファクス・またはEメールにてご連絡ください。

その他

白足袋(能楽堂での貸出しあり)・ロングパンツなど足の隠れる服装でお越しください。

<講師プロフィール>
深田 博治(狂言方 和泉流)
大分市出身

【参加者の皆様へ】
昨今の新型コロナウイルスの感染拡大の報道を受け、感染予防のため手洗いや咳エチケットの徹底など、ご協力をお願いいたします。発熱や咳など風邪のような症状がある方は参加を控えてください。特に、高齢の方や基礎疾患をお持ちの方については、感染予防にご注意いただくようお願いいたします。

問い合わせ先

平和市民公園能楽堂
〒870-0924 大分市牧緑町1番30号
電話:097-551-5511
ファクス:097-551-5512
Eメール:info@nogaku.jp

お問い合わせ

企画部文化国際課平和市民公園能楽堂

郵便番号870-0924 大分市牧緑町1番30号

電話番号:(097)551-5511

ファクス:(097)551-5512

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る