ホーム > 市政情報 > 国際交流 > 姉妹都市・友好都市・交流促進都市 > 第20次武漢市友好訪問団が佐藤市長を表敬訪問されました

更新日:2018年5月1日

ここから本文です。

第20次武漢市友好訪問団が佐藤市長を表敬訪問されました

 徐洪蘭(じょこうらん)武漢市副市長を団長とする、第20次武漢市友好訪問団が本市を訪れました。
この友好訪問団は、両市が1979年9月に友好都市を締結して以来、隔年で相互に派遣しています。今回の訪問では、大分市への表敬訪問のほか、「2018年度日本国大分市-中国武漢市との友好交流協議書」の締結や、平和市民公園での記念植樹、ホテル日航大分オアシスタワーで行われた「大分市経済貿易セミナー」に参加されました。
表敬訪問では、佐藤市長が、「皆様の訪問を心から歓迎します。両市は幅広い分野で市民・行政レベルでの交流を続け、両国政府からもモデルケースとして高く評価されています。私が昨年3月に武漢市を訪問した際には、徐副市長も建設に携われた「市民の家」を視察させていただきましたが、そのスケールもさることながら、本市のまちづくりにも学ぶべきものがありました。今後も、それぞれが培った技術やノウハウを活かして、両市の行政サービスがさらに向上できるよう協力していきたいと考えています。」とあいさつしました。
続いて徐副市長が、「皆様の厚いおもてなしに心から感謝を申し上げます。大分市は武漢市にとって最初の国際友好都市であり、両市は幅広い分野で交流を深めてまいりました。来年の2019年は両市の友好都市締結40周年ですので、さまざまな事業を通じて素晴らしい年にしましょう。」とあいさつされました。
表敬訪問終了後、佐藤市長と徐副市長で「2018年度日本国大分市-中国武漢市との友好交流協議書」の締結を行い、両市が多様な市民交流をサポートすることや、友好都市締結40周年を盛り上げる機運を創出するため、ともに協力していくことなどを確認しました。
その後、平和市民公園にて久渡副市長と徐副市長が記念植樹を行い、「武漢市経済貿易セミナー」では、徐副市長自ら講師となって、中国中部の中心都市である武漢市で投資を行う魅力を説明していただきました。
今回の受入を通じて、両市の友好の絆を確かめ合うことができただけでなく、武漢市でビジネスを行う魅力を知ることができました。今後も武漢市とさまざまな分野で交流を続け、本市の国際化へとつなげてまいります。

訪問日時

3月27日(火曜日)午後3時30分~4時

場所

市役所本庁舎3階特別会議室

訪問者

第20次武漢市友好訪問団

武漢市副市長徐洪蘭(じょこうらん)団長ほか6名

 

出席者

市長、市議会議長、久渡副市長、桑田副市長、企画部長、商工労働観光部長

訪問日程

 3月27日(火曜日)
午後3時30分 大分市表敬訪問、「2018年度日本国大分市ー中国武漢市との友好交流協議書」調印式、
「日本国大分市商工労働観光部と中国国際貿易促進委員会武漢市分会との経済交流および協力に関する覚書」調印式
午後4時15分 平和市民公園にて記念植樹
午後5時30分 ホテル日航大分オアシスタワーにて「武漢市経済貿易セミナー」

友好訪問団について

両市が1979年9月に友好都市を締結して以来、隔年で相互に派遣しているもので、これまでに両市が長年にわたって積み上げてまいりました文化、芸術、教育、学術、スポーツ、医療衛生、福祉、環境、農業、経済・観光、まちづくりなどのさまざまな分野に及ぶ交流の根幹を成すものです。今年度は武漢市の友好訪問団が本市を訪れます。

武漢市経済貿易セミナーについて

日時:3月27日(火曜日)午後5時30分から
場所:ホテル日航大分オアシスタワー5階「孔雀の間」
主催:大分市、武漢市
内容:徐洪蘭(じょこうらん)武漢市副市長が講師として最新の武漢ビジネスについて説明しました。

表敬訪問の様子表敬訪問の様子2
協議書締結の様子記念植樹の様子
平和市民公園視察の様子セミナーの写真

お問い合わせ

企画部文化国際課国際化推進室

電話番号:(097)537-5719

ファクス:(097)536-4044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る