ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > 音楽・文化活動の支援 > おおいた夢色音楽プロジェクト > ふるさとコンサート > 大分市にゆかりのある若手実力派演奏家が出演!「第14回大分市ふるさとコンサート」を開催します

更新日:2021年2月8日

ここから本文です。

大分市にゆかりのある若手実力派演奏家が出演!「第14回大分市ふるさとコンサート」を開催します

 huruatotirashi2020大分市にゆかりのある若手実力派演奏家たちによるクラシックコンサートです。
「別府アルゲリッチ音楽祭」連携事業として、音楽祭の大分県出身若手演奏家コンサートに出演したアーティストも登場します。国内外での活躍が期待される演奏家が奏でる美しいメロディーをお楽しみください。

【日時】令和3年2月14日(日曜日)午後2時~4時(開場は午後1時15分)
【場所】コンパルホール 文化ホール
【出演】ヴァイオリン/河村佳奈、オーボエ/宮尾安紀子、テノール/石本高雅、ピアノ/ディ・ゾンネ宮崎大介、宮崎陽子
【主催】大分市
【協力】公益財団法人アルゲリッチ芸術振興財団、大分交響楽団
【入場料】1,000円(全席自由)

※ご好評につき完売しました。当日券の販売はございません。何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます
詳しくは、以下をご覧ください。
【以下よりチラシをダウンロードできます】

第14回ふるさとコンサートチラシ(PDF:2,582KB)

プログラム

  •  「四手のためのノルウェー舞曲Op35」 グリーグ

ピアノ/ディ・ゾンネ(宮崎大介/宮崎陽子)

  • 「オーボエ協奏曲ハ長調K.314」モーツァルト

オーボエ独奏/宮尾安紀子

  • ナポリ民謡「オー・ソレ・ミオ」ディ・カプア
  • オペラ「セルセ」よりラルゴ ヘンデル他

テノール独唱/石本高雅

  • 「ヴァイオリン協奏曲ホ短調Op64」 メンデルスゾーン

ヴァイオリン独奏/河村佳奈

チケットは、12月1日(火曜日)午前10時より販売開始します(※当日券の販売はございません)

  • トキハ会館(お問い合わせ:097-538-3111)
  • あけのアクロスタウン(お問い合わせ:097-553-1111)
  • チケットぴあ(Pコード:189-279)

 ※チケット代は1,000円で、完売次第、販売終了となります。上記場所での販売は、令和3年2月13日(土曜日)までです。

※ご好評につき完売しました。当日券の販売はございません。 何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます

留意事項

※出演者・演目は都合により変更となる場合がございます。

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

※前売券完売の場合は当日券の販売はございません。また、公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの払い戻し等はできません。

※車いす席は6席です。車いす等でご来場の方は予めご連絡ください。(連絡先:大分市文化振興課 電話:097-537-5663)

※購入場所によって別途手数料が発生する場合があります。その場合はご購入者様負担でお願いします。

新型コロナウイルス感染症対策について

国と県、全国公立文化施設協会などのガイドラインに沿って、新型コロナウイルス感染症対策を行います。

  • 手洗い、消毒液のご利用をお願いします。
  • 咳やくしゃみをする際に口元を覆う「咳エチケット」にご協力ください。
  • 咳、咽頭痛、倦怠感、発熱などの体調不良を感じる際は、ご来場をお控えください。
  • マスクの着用および十分な間隔(1メートル以上)の確保にご協力お願いします。

出演者紹介

 ピアノ/ディ・ゾンネ 宮崎 大介・宮崎 陽子 兄妹(みやざき だいすけ・みやざき ようこ)

 zonne2zonne1宮崎大介・陽子ともに大分市出身。兄、大介は2004年に国立音楽大学を卒業後2006年ドイツへ語学留学。留学中に聴いたピアノデュオコンサートがきっかけで、2006年東京音楽大学を卒業した妹、陽子とともに2009年にピアノデュオ「ディ・ゾンネ」を結成。同年1月に東京でピアノデュオとして初のコンサートを行う。その年の10月、ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学大学院ピアノデュオ科に入学。2011年6月、同音楽大学大学院ピアノデュオ科を首席で卒業。同年10月、ピアノデュオとして、同大学院ドイツ国家演奏学科に入学、2014年2月、ピアノデュオとしては日本人初のドイツ国家演奏家資格を最優秀
の成績で取得。ピアノデュオを兄弟教授であるハンス・ペーターステンツル、フォルカーステンツルの各氏に師事。2013年ドイツにてピアノデュオとしてCDデビュー。翌年には2枚目のCDをリリース。大介は、これまでにピアノソロを工藤立子、梅谷進、小島満里、加藤一郎、関根由喜江、アルネ・トルガーの各氏に師事。現在は、作曲、ピアニカ奏者としても活動し、ドイツ語講師、ピアノ講師として後進の指導も行っている。陽子はこれまでに工藤立子、梅谷進、関根由喜江、アルネ・トルガーの各氏に師事。現在は、ピアノ講師として、後進の指導も行っている。

オーボエ/宮尾 安紀子(みやお あきこ)

miyao大分市出身。大分高等学校音楽コースを経て桐朋学園大学音楽学部卒業(2015年)、同大学研究科修了(2016年)。桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程修了(2019年)。
これまでにオーボエを高田喜夫、小畑善昭、蠣崎耕三、浦丈彦、最上峰行の各氏に師事。
2015年、桐朋学園大学卒業演奏会ならびに第85回読売新人演奏会に出演。
2016年、新進演奏家育成プロジェクト オーケストラ・シリーズ 第27回福岡にて九州交響楽団と共演。
大分高等学校の同級生による室内楽トリオ「tri trio」を結成し、都内での活動をはじめ2017年には大分市でもコンサートを開催。
2018年、第2回K室内楽コンクール第1位受賞。洗足学園音楽大学準演奏補助要員(2015年~)。
現在フリーランス奏者としてオーケストラ、吹奏楽団、室内楽等で演奏活動中。

 テノール/石本 高雅(いしもと こうが)

ishimoto22大分市出身。第19回九州音楽コンクール最優秀賞受賞記念コンサート出演。
第18回高校生のための歌曲コンクール全国大会優秀賞(最高位)。
第45回大分県音楽コンクール第1位。第65回、第67回大分県高等学校音楽コンクール第1位。
第71回全日本学生音楽コンクール北九州大会第1位(公財)アルゲリッチ芸術振興財団賞。第71回全日本学生音楽コンクール全国大会第3位。横浜市民賞(聴衆賞)ANA賞。第71回瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクール第1位文部科学大臣賞、大分市長表彰、大分合同新聞社賞。第20回記念別府アルゲリッチ音楽祭大分県出身若手演奏家コンサートスペシャル出演。第33回国民文化祭・おおいた2018第18回全国障がい者芸術・文化祭おおいた大会開会式典において国歌斉唱。第72回瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクールにてウィーン留学報告特別出演、クラッシック・ヨコハマ、サロンコンサートvol3に出演。現在、東京藝術大学声楽科2年に在学中。宮本修氏、萩原潤氏、行天祥晃氏に師事。

ヴァイオリン/河村 佳奈(かわむら かな)

kawamura

 大分市出身。4歳よりヴァイオリンを始める。2006年第34回大分県音楽コンクール第1位。2007年第61回全日本学生音楽コンクール福岡大会第2位。2008年に九電ふれあいコンサートにて九州交響楽団と共演。2009年より2013年までiichikoグランシアタ・ジュニアオーケストラに所属し、第1回定期演奏会にてコンサートミストレスを務める。2011年第65回全日本学生音楽コンクール北九州大会第2位。2012年第36回全九州高等学校音楽コンクールにてグランプリ賞。2016年初ソロリサイタ
ルを行う。2017年第1回K室内楽コンクール第1位。2017年に学内の室内楽試験にて木曜コンサート選抜。2018年大分市にて日経主催のコンサートにソロ出演。アクロス福岡ヴァイオリンセミナー、いしかわミュージックアカデミー、宮崎ザハールブロン音楽祭、ミュージックアカデミーin宮崎等マスタークラスを受講。これまでに真浄和信、川瀬麻由美、ヴィルモシュ・サバディ、ヘルヴィック・ツァック、フェデリコ・アゴスティーニ、漆原朝子、景山誠治、小栗まち絵の各氏に師事。東京藝術学卒業。現在兵庫県立芸術文化センター管弦楽団コアメンバーに在籍。 

 

おおいた夢色音楽プロジェクト

大分市が日本における「西洋音楽発祥の地」であることから、年間を通して音楽があふれ、道行く人が心和むような「音楽のまち大分」を実現するため、さまざまな事業を展開しています。「大分市ふるさとコンサート」もこのプロジェクトの一つとして、国内外で活躍が期待される大分市にゆかりのある若手実力派演奏家の才能の育成とともに、市民の皆さんに本格的なクラシックコンサートを気軽に楽しんで頂くことを目的に開催しています。

「別府アルゲリッチ音楽祭」連携事業

アルゲリッチが総監督を務める「別府アルゲリッチ音楽祭」。2018年に記念すべき20回目の開催を迎え、大分市はその節目の年から主催者として参画しています。おおいた夢色音楽プロジェクト「大分市ふるさとコンサート」は、市の音楽祭への参画を機に、「別府アルゲリッチ音楽祭連携事業」として開催しており、音楽祭にゆかりのある大分市出身の若手演奏家を特別ゲストとして招聘しています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部文化振興課 

電話番号:(097)537-5663

ファクス:(097)536-4044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る