ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > 日本における西洋音楽と演劇発祥の地

更新日:2003年4月30日

ここから本文です。

日本における西洋音楽と演劇発祥の地

西洋音楽と演劇発祥の地とは

「西洋音楽と演劇」布教活動には音楽がつきものである。ミサのとき、オルガンが奏でられ、聖歌が歌われた。やがて聖歌隊(合唱隊)も結成された。すでに弘治三年(1557)三月の聖週のとき、府内教会で二つの合唱隊がオルガンの伴奏で聖歌を歌い、滞在中のポルトガル人の数人が合唱に加わったという。

(中略)

音楽とともに西洋の演劇や美術も府内へ伝えられた。

演劇はクリスマスや復活祭などのとき、教会で上演された。永禄三年(1560)のクリスマスのとき、日本人のキリシタンが数日前から準備して、聖書中のいろいろな物語に日本風の歌を作って、絶えず歌いながら演じたという。アダムとイブがエデンの園から追放される話では、会堂の中央にリンゴの木を置き、これにメッキのリンゴ数個をつけて演じたが、大人も子供もみんなこの話に泣いたという。

物語の筋は人物の演技でだいたい分かるよう演出され、必要なところは人物自らが日本語の歌で語り、その他は合唱によって説明がなされたという。言わばオペラ風の演劇、あるいは日本の謡曲、古浄瑠璃のようなものであっただろうとみられている。

演劇の舞台作りで、西洋画も紹介されただろう。永禄四年(1561)修道士のシルバ「受難の秘儀の絵」を作成し、聖週の木曜日の行列で少年に携えたという。

西洋の食生活なども府内には紹介されたようだ。弘治三年(1557)の復活祭のとき、府内教会では、約四百人のキリシタンを食事に招き、牛一頭を買って、その肉とともに炊いたご飯をふるまったが、みんな大いに満足してこれを食べたという。

(中略)

こうして生活に密着した西洋の文化を広めることによって、キリスト教は主として貧しい庶民の間に広まっていったのである。

(『大分市史・中巻』より)

西洋音楽発祥記念碑(写真左) 西洋演劇発祥記念碑(写真右)

お問い合わせ

企画部文化国際課 

電話番号:(097)537-5663

ファクス:(097)536-4044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る