ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 令和3年度発表分 > 11月(令和3年度発表分) > 大分市まちづくり自治基本条例検討委員会の提言を市長へ報告します

ここから本文です。

報道発表資料

大分市まちづくり自治基本条例検討委員会の提言を市長へ報告します

  • 発表日:令和3年11月22日
  • 担当課:企画課
  • 担当者:児玉・高橋
  • 電話番号:097-537-5603(内線1062)

本市では、市民主体によるまちづくりを進めるため、平成24年に大分市まちづくり自治基本条例を制定し、本市の自治の最高規範として位置づけるなか、この条例の趣旨を踏まえたまちづくりを進めているところです。この大分市まちづくり自治基本条例の規定を、常に時代の流れに沿った内容に保つため、附則第2項に「5年を超えない期間ごとに、市民の意見を聴いた上で、この条例の規定について検討を加え、その結果に基づいて見直し等の必要な措置を講ずるものとする」と規定しており、今年度広く市民の意見を聴くため、大分市まちづくり自治基本条例検討委員会を設置し、検証を行ってまいりました。
このたび、委員会が検証の結果を提言としてとりまとめましたので、市長への報告を行います。

日時

11月25日(木曜日)午前10時~10時20分(予定)

場所

本庁舎3階 市長室

出席委員

大分市まちづくり自治基本条例検討委員会
  渡邊 博子 委員長(大分大学経済学部 教授)
  廣瀬 惇子 副委員長(大分市民生委員児童委員連絡協議会 副会長)
  寺尾 康子 委員(一般公募)

内容

検討委員会から市長へ提言を報告

お問い合わせ

企画部企画課 

電話番号:(097)537-5603

ファクス:(097)534-6182

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る