ホーム > 市政情報 > ようこそ市長室へ > 市長メッセージ > 市長からのメッセージ 第312報(10月8日15時)

更新日:2021年10月8日

ここから本文です。

市長からのメッセージ 第312報(10月8日15時)

市民の皆様へ

本日、大分市保健所で10例のPCR陽性が確認され、累計で4,360例となりました。県合計では8,160例(+14例)となりました。大分市で陽性が確認されたのは、陽性者の家族4例、陽性者の知人1例、陽性者の職場1例、新たな検査依頼4例です。大分市の新規陽性者で重症者はいません。

大分市内の陽性者数はこの5日間で2、4、7、7、10例となっています。経路不明は0、1、4、3、4例です。県全体では陽性者が3、6、10、11、14例となっています。大分駅前の抗原検査センターでは昨日318人の利用があり、昨日陽性となった方はいません。この5日間で0、0、1、1、0例となっています。
本日は経路不明が4例確認されており、引き続き市内感染や職場内での感染に注意してください。市民の皆様には手洗いや不織布マスクの着用、換気の励行等感染防止対策の徹底をお願いします。県をまたぐ移動については、地域の感染状況に留意し行動してください。飲食については少人数、短時間、頻繁な換気を引き続き徹底してください。また、保健所が行う積極的疫学調査には協力していただくように重ねてお願いします。

ワクチン接種について、市では12歳以上の全年代の方を対象に予約を受け付けています。接種センターの九州電力大分支店会場、大分こども病院会場、帆秋病院会場(大分市医師会)では、20日先までの接種予約の受け付けを行っています。帆秋病院会場では土曜日に当日予約枠を30人分設けています。予約については、大分市ワクチン予約サイトをご確認いただくか大分市ワクチンコールセンター(0120-097-321)までお問い合わせください。(「新型コロナワクチン予約空き状況」参照)

市では、10月からイベントの安全安心な開催とワクチン接種の促進を目的に、入場前にワクチン接種や抗原検査の確認(任意)を行う大分市独自の「ワクチン・検査チェック」を導入します。9日(土曜日)・10日(日曜日)に開催する「OITAサイクルフェス!!!2021」では、コース沿線やパブリックビューイング会場での観戦を希望する方は、ワクチン2回接種済みの証明または24時間以内に抗原検査を受けたことを証する書類の確認(自己申告でも可)にご協力ください。当日は大分いこいの道、昭和電工ドーム大分各会場に臨時の抗原検査所を設置します。中学生以下の方が検査を受ける場合は保護者の同伴が必要です。リストバンドを交付しますので観戦の際に身につけてください。

市の支援策については、下記の「新型コロナウイルス感染症に係る大分市の各種支援」を、咳や発熱など心配な症状がある場合には下記の「相談・受診の目安について(まずは、かかりつけ医に電話で相談を)」をご覧ください。(以上)

 

 

大分市長 佐藤樹一郎

関連資料

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る